患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-5294-5990

株式会社医療情報総合研究所は、2005年に日本で初めて処方情報(院外処方箋)データベースの運用・分析を開始した、処方情報分析のリーディングカンパニーです。
2020/09/15

お知らせ

緊急事態宣言解除後、処方日数は減少傾向、患者数は横ばい
各種感染症患者は大幅減
2020/09/01

お知らせ

Monthlyミクス誌に弊社データ引用記事「医師の処方動向をよむ」の第120回が掲載されました。
テーマは「喘息/COPD薬 3成分配合薬、20年6月でシェア3%」です。
2020/08/01

お知らせ

Monthlyミクス誌に弊社データ引用記事「医師の処方動向をよむ」の第119回が掲載されました。
テーマは「降圧剤ミネブロ カリウム保持性利尿薬市場でシェア4%」です。
2020/07/21

プレスリリース

コロナ禍による処方日数の増加、患者数の減少が回復傾向
慢性疾患の患者も定期的な通院を再開
2020/07/01

お知らせ

役員就任のご挨拶
事業譲受のお知らせ
2020/07/01

お知らせ

Monthlyミクス誌に弊社データ引用記事「医師の処方動向をよむ」の第118回が掲載されました。
テーマは「新型コロナウイルスの影響 「受診控え」顕著に」です。
2020/06/16

プレスリリース

続くコロナ禍、「特定警戒都道府県」では患者数22%減!
処方する薬剤の変更には消極的?
2020/06/11

お知らせ

医薬品マスタ(DI Track)事業移管のお知らせ
2020/06/01

お知らせ

Monthlyミクス誌に弊社データ引用記事「医師の処方動向をよむ」の第117回が掲載されました。
テーマは「経口乳がん治療薬 CDK4/6阻害薬が緩やかに浸透」です。
2020/05/21

プレスリリース

新型コロナウイルス感染拡大の影響で続く、「患者数の減少」「処方日数の増加」
10歳未満の受診は45%減、シニア層は微減にとどまる
医師の処方動向をよむ
薬剤師浜田康次による服薬指導に役立つおくすり情報「スピンアップ新薬」

会員ページログイン

より詳細な情報やサービス導入事例を掲載しています。

お問い合わせ

お電話またはお問い合わせフォームより受け付けています。

お電話でのお問い合わせ 03-5294-5990

株式会社医療情報総合研究所は、「プライバシーマーク制度」を運営する一般財団法人日本情報経済社会推進協会より、日本産業規格JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して個人情報を適正に取り扱っている事業者であることの証として、 2007年3月よりプライバシーマークの付与認定を受けております。

ページTOPへ

お問い合わせ