患者中心の保健医療を支える
処方情報分析のリーディングカンパニー

 03-3239-6840

ごあいさつ

JMIRI (ジェイミリ)は、東京大学関係者と情報技術者が中心になって、処方情報の有効活用を進める目的で、2005年7月に設立された医療情報サービス事業者です。

JMIRIは、その潜在的有用性にも係わらず、有効活用されていなかった処方実績データに着目し、処方情報を基にしたデータベースの構築を 進めて参りました。収集した処方情報を、自社で分析を実施し、付加価値の高い「JMIRI処方情報分析サービス」として、製薬企業様や医療専門家の方々に対し、継続的に情報提供致します。こうした処方情報の提供の仕組みを構築することで、医薬品情報の活用サイクルの強化を進め、処方知見を共有し、医療サービスの質の向上に貢献したいと考えております。

処方情報については、弊社が取得する段階で患者様等の個人情報をあらかじめ削除してあるため、弊社の事業活動のプロセスの中で個人情報が漏洩する可能性はありません。

現在、データ規模としては国内最大級を目指しております。さらに将来的には、処方情報分析サービス事業を通して蓄積される事業ノウハウを活用し、統合的な医療情報サービス事業として発展させ、医療システムならびに医療マネジメントへの寄与に繋げていきたいと考えております。

また、弊社は、2012年8月より、国内マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージ(現:株式会社インテージホールディングス)の100%子会社となり、インテージグループの一員として事業を開始いたしました。

今後は、インテージグループ各社で提供しておりますサービスと弊社のサービスの融合により、医療社会のさまざまな場面への貢献を目指してまいります。

株式会社医療情報総合研究所
代表取締役社長 大橋 青史

ページTOPへ

お問い合わせ